×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群のクチコミ・体験談:おもしろ観光B級スポットエリアガイド

和歌山スポット:友ヶ島砲台群のクチコミ・体験談:おもしろ観光B級スポットエリアガイド

近畿/関西エリアガイド:

和歌山珍スポット: 友ヶ島砲台群 特派員体験談は↓

和歌山B級スポット:友ヶ島砲台群

友達から和歌山の孤島の友ヶ島と言う所に、どうも天空の城ラピュタのような場所が存在し、未発掘の黄金の金塊が眠っている!!と、数日前に聞く。

B級スポット管理人としては、そんな素晴らしいスポットを見ずにはおられず、10日前の呼びかけにも関わらず、当B級コミュの集まった11人の有志達www

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

行き方や友ヶ島汽船の情報は、最後に載せております。

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

早速、船に乗り込み、まるで以前からの友達だったかのように、初の顔合わせの方もノリノリwww20代前半〜40代位の男女が集まる幅広い当サイトのコミュ。人との出会いが最高ですねw

和歌山珍スポット:友ヶ島汽船

さて、友ヶ島は、幅広い事が楽しめ、キャンプも出来るし、ハイキングも出来るナイスな場所である。今回は日帰りのため、時間都合を考え、右半分の第一砲台、第三砲台方面を攻める事に。

和歌山珍スポット:友ヶ島汽船

もちろん、交通手段なんて、ありえません。ひたすら歩きます。なので、夏は厳しいかと。しかし、歩いてる途中にバブル時は、栄えただろうお店や露店が廃墟となり、点在してる様を見るのも、また格別だ

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

第一砲台にたどり着くと、まさしくラピュタのような場所が存在し、オフメンバーも存在感に圧倒されます。

実は、友ヶ島とは、明治時代から第2次世界大戦終戦時までの日本軍の砲台群として、頑張ってた施設が、戦後、そのままの形で時を止めてるのである。自然と近代科学の融合が何とも言えないフインキをかもし出し、感動せざるを得ない。

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

時代と共に崩れゆく運命にある砲台群。見てるだけでなんだか感動します。なんだか久々に真面目なレポートだw

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

ってか、あの人なんだ!!どうやってあそこに行ったんだ?周りは、断崖絶壁、落ちたら居んでしまう恐ろしさ。皆さんは真似しないようにねw

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

昔は、日本軍の兵隊さんが寝泊まりしたんでしょうか・・・

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

もう今後使われる事のない施設・・・切ない。
しかし、私はここに居る!っと存在感を私たちに訴えてくる

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

ってかメンバーさんがなぜか、こんなところでリフティングwww

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

ここらで、休憩。一同、持ってきた弁当をそれぞれに食す。景色は最高。ラピュタは側に!言葉は要りませんね。

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

っと思いきや、そんな忘れられた施設達を少しでも笑わせようと、なぜか、組体操を皆ノリノリでしてみたwwwアホですな

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

さて、こちらの友ヶ島。本当に山を登ったり、下ったり歩きます。なので、スニーカー必須。タオル必須。動きやすい格好必須です。足腰の弱い方は、鍛えてから来た方がいいっす。手術した私のヒザが悲鳴を上げていました。

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

さて、第一砲台から30分ほど、歩いて海軍聴音所跡に来た。場所等解りにくいので、必ず友ヶ島に着いたら、地図をフロントでゲットしよう。

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

ここも、以前は海軍の施設として、現役を過ごしてたんでしょうね。今はすっかり廃墟と化したその姿は、まさに風格

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

こういう空間に触れていると、切なさと神々しさで泣けてきそうだ。

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

その後、今回の目当てスポット:第三砲台跡にやってきた。
ここに来た理由?もちろん、アレしかない!

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

せと○さんが用意してくれた金属探知器を駆使し、
皆で金塊を一発当てて、大金持ちになるぜ!徳川埋蔵金に負けじと、必至w

ってか、コミュのメンバーさんの個性あふれるバイタリティに乾杯w

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

第三砲台跡の地下は、迷路の様に道が張り巡らせれ、地下空洞もあり、ここで生活してたのか・・・っと何気に残像を見出す

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

マジ暗闇の中、用意の良いメンバーさんは、金塊目指してまっしぐらw

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

金塊なんて、出るかよーっと遊ぶのも良し!
しかし、何をしても絵になるなー、天空の城ラピュタと呼ぶにふさわしい。今回は、時間の都合上、皆クチビルを噛みしめ、黄金の地を後にした・・・w

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

自然と融合したフインキは、今まで経験したことの無い懐かしさを覚える

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

友ヶ島には、いくつも観測所や休憩所があり、そこからの眺めは、最高!また、普通にハイキングしてても、年月を経た木々のアートに感動。もう何も言うまい。

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

あっという間に時間が過ぎた今回のオフ会。貴方には、何か残りましたか?時代に取り残された施設、友ヶ島でした。近くに淡嶋神社も有るので、併せてどうぞ。

注意事項:
心無い人達が、施設を荒らし、ゴミをほかしたりと、深刻問題になってます。B好きの皆さん、かならず、ゴミ袋を持参し、自分のものは、持って帰って下さい。

また、立ち入り禁止地区や、崩れやすい個所もあるので、破壊行為を行わない様に、常識を持って、行動下さいますよう、友ヶ島1ファンとして、お願い致します。

H19年5月27日 B級スポット管理人ダイより体験談


和歌山B級スポット:友ヶ島砲台群口コミ

ー特派員:マリリンさんよりオフ会体験談ー

和歌山オフ会がめっちゃ楽しかったんで、やっぱり書きます(笑)

今日は、いつもの濃すぎるキャラばかりのメンバーで和歌山の友が島オフ。今日は11名。出かける前に急用が出来て、車で出航場所の加太まで向かったけど、あともう少しのところで、出航してしまう・・・

次は一時間後ぐらいなら、走って追いかけよーって軽く思ってたら、次はなんと2時間後の出航やって、めっちゃショックやった

ほんで、2時間後に友が島について、待ち合わせ場所の第3砲台まで、ダッシュで走ったら、死にそうにしんどかった(笑)

・・・てか、友が島って携帯電話通じえへんのよ!!
このまま、みんなと会えやんまま、一人で帰るんやろうかって、泣きそうになりながらまたダッシュで走ってたら、運よくみんなと合流。

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

第1砲台まで探索に行く事が出来て、よかったよかった
メンバーさんが来ていたTシャツがwww

H19年5月27日 マリリンさんより体験談


和歌山B級スポット:友ヶ島砲台群体験談

ー特派員:めぐさんより、オフ会体験談ー

お天気がちょっと心配でしたがたくさんの晴れ男晴れ女さんが、いたためか昼からすごく綺麗な青空が広がりだんだんテンションも  ↑↑↑状態 ヒャッホーゥ

田舎のいい感じの加太駅から港まで歩いてそこから船で約20分くらいで、自然の楽園友が島へ到着..

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

今回初めてお会いしたメンバーさんに探偵ナイトスクープにも、出たことのあるプチ(笑)有名人な方がおられてその方のマイほら貝を  生まれて初めて吹かせていただくという初体験もしました。

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

その方がマイ金塊レーダー探知機も持っておられてそれも初めて生で、見たのでものすごく興味津々オトハ ショボイ?(笑)

友が島に眠るお宝をいつかそれで探しあてるという壮大な野望を、持っておられるようです(o^-^o) ♪ イツカ カナウト イイデスネ♪

他、濃いキャラのメンバーさんたちとなぜか組み立て体操でピラミッド、作って記念撮影したりもして思いっきり友が島を満喫しました…(≧∇≦)

H19年5月27日 めぐさんより体験談


和歌山B級スポット:友ヶ島砲台群体験談

ー特派員:妹さんより、オフ会体験談ー

先日、オフ会で行ってきたツアーは熱かった。
今まで出会ってきた濃い人たちだけ選りすぐって集めた感じの人々10数人で探険です。ドラクエで例えると、初期から遊び人と商人だけしかいない感じ。何となく、それだけでは世界は救えない感じw

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

ほぼ全員初対面にもかかわらず、いきなり参加して楽しませていただきましたよ。

地盤沈下のラーメン屋さんでラーメン食べたり。島でほら貝吹いたり。金属探知機でお宝探したり。壮大な風景の前で、何故かあえて人間ピラミッド作ったり。もちろん、探険したり。

和歌山珍スポット:友ヶ島砲台群

人間的ジャンルが把握し辛かったけど。別に廃墟とか珍しいスポットじゃなくても楽しめる人たちなんじゃないかと思ったけど。

H19年5月27日 妹さんより体験談

行って来たぞってな方は体験談を下へコメ宜しく。↓スポット名コピー&ペースト
和歌山ー友ヶ島砲台群体験談投稿へ



和歌山珍スポット-友ヶ島砲台群

和歌山白浜ー友ヶ島砲台群 地図
TEL:073-459-1333(友ヶ島汽船) 住所:640-0103
和歌山県和歌山市加太
天空の城ラピュタが和歌山の孤島に存在する?そんな話を間に受け、行って来たオフ会メンバー。感動と時代流れを止めた空間に言葉は要りません。行って来い!